ネズミ駆除の依頼と一緒に防鼠加工も行なうと安心安全

住宅

気配がしたら調査をする

住宅

自然豊かな住宅地では、時に害獣の被害に悩むこともあるでしょう。特に繁殖力の高いねずみは放置しておくと、あっという間に膨大な数になってしまいます。ねずみが繁殖すると、住宅の木材をかじり劣化を引き起します。さらに、糞や尿で木材が腐敗することもあります。その様な環境の中で安心して暮らすことは難しいと考えられます。

ねずみは小型の害獣になるので、野外から侵入してきてもその存在に気づきにくいでしょう。侵入経路の多くは、屋根や壁の隙間、エアコンの導入部分と考えられています。人間にとっては小さな穴でも、ねずみにとっては立派な侵入経路となってしまうのです。ネズミ駆除の基本は、この侵入経路を経つことが何よりも大事なのです。自分達で侵入経路を探す場合には、まず建物の外観からチェックしていきましょう。築年数が高い建物は、劣化や欠陥箇所が多くなるので、数人で手分けしてチェックしていきましょう。隙間や劣化を発見した時は、ねずみの侵入形跡があるか確認しましょう。隙間部分に擦った様な黒ずみや、小さな糞が見つかった場合はすでにねずみが侵入しています。むやみに穴を塞いでも逆効果になるので、ネズミ駆除専門の会社に依頼しましょう。ネズミ駆除会社は事前の調査を無料で行なってくれます。無料窓口を解説しているネズミ駆除会社もあるので、相談しながら調査を依頼できます。調査後も見積もりを出してくれるので、スピーディーに駆除を行なってくれます。